日曜でざいんレポート。

4/26 雨◎nagoya

c0069552_051427.jpgc0069552_0515746.jpg
ナディアパーク(名古屋市中区栄)で開催されている杉浦康平雑誌デザイン半世紀展へ行って来ました(写真上左:ナディアパーク)。



今回のギャラリー全体構成は、スペース半分が今回企画展の主役である杉浦氏の企画展。半世紀に渡り手掛けられた数多くの作品(雑誌・書籍など)が、実際に掲載された本や、パネル・ポスターなどで展示されています。もう半分のスペースでは、杉浦氏も影響を受けたであろう、20世紀を代表するインダストリアルやプロダクトなどを簡潔に紹介した展示コーナーです。私が今回デザイン展の中で一番印象に残ったブースは、各年代にコンセプト分けられたブース(主である杉浦氏の企画展なのに…簡素な感想もなくすみません(^^;苦笑)。受付を済ませギャラリーへ一歩入ると、まず目を引くのがこのディスプレイ(写真中:左)。例えるなら…透明なコンテナが積み上げられた感じで、高さ約4mくらいある展示ブースです。これが規則正しく4つ並列に設置(下記◎が各コンセプトのタイトル)されています。各ブースのコンセプト内のコンテナ内には、10個の立方体の箱が入っており、その10の箱の中に1作品ごと展示されています(うまく説明できないっす(^^;(写真中:左を参照してください。写真中:右は、ブースにある画面内に写ったコンテナ?設計図)。

各コンセプト別
◎1920代 アールデコ装飾とデザイン円と直線
◎1930代 様式の流行 流線型
◎1950〜 現代の電話の形態の変遷(写真中:左)
◎1950〜60代 日本のモダンデザイン家電製品

各コンセプト内で一番印象的だったのは、1930年代に流行した流線型のグッズたち。ステーショナリーやプロダクトやキッチングッズなど、流線型の丸みをおびたデザインがとても美しく表現されており、丸い形から連想する可愛いらしさや、流線型からイメージする柔らかさと優しいを表現した作品、時間の流れを捉え未来栄光や憧れをデザインに取り入れた未来都市のような素敵な作品まで色々ありました。実際、流線型ブースのコメントに、「飛行機や機関車の空気抵抗を減らすため生まれた流線型は、やがて建築や家庭用品などスピードを目的としないものに取り入れられ、時代のスタイルとなっていく。未来的なモダンイメージは不況時代の人々に明るい未来を夢見させるものであった。」と記されていました。この時代の人々が、現代の我々よりも、もっと純粋な目で、未来を夢見て語り合ったのではないかと想像しました。今回色々な展示の中からヒントをもらったり学んだりと…一人時間をゆったりのんびり過ごした日曜の午後でした。(← その足で、夕方から予約したエステへ直行。エステシャンの方に身を委ねて、アロマの香りに癒されながら、フェイス・ヘッド・デコルテ・背中や足と…全身をもみほぐされ潤って、ゆる〜くまったりした日曜夜となりました。お陰で気分転換大成功。心身ともに栄養補給できました)。今日一日に感謝。

c0069552_0522482.jpgc0069552_0523895.jpg
c0069552_1501740.jpgc0069552_1495681.jpg
...................................................................................................................................................

デザイン・アート ランキングc0069552_01279.gif エントリー中。

infinity c0069552_22102887.gif オフィシャルサイト。
by infinity-blog | 2005-04-26 01:31 | □ 展覧・行事


(シゴト+アソビ)×2=インフィニティライフ


by infinity-blog

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
■ ナントナク
■ シーズンズ
■ エアライン
■ ヒトリゴト
□ 実績・作品
□ 仕事・現場
□ 建築・空間
□ 雑貨・家具
□ 展覧・行事
□ デザイン系
□ 心象・情景
□ 独創・視点
□ 工業的世界
□ 趣味・志向
□ 人物・交流
□ おしゃべり
□ 草花・四季
□ 日本・風景
□ 旅行・休日
□ 香港 2010
□ ホテル・宿
□ 美食・B食
□ 甘味・御茶
□ クッキング
● ごあいさつ
□ ヘルシンキ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧