HEL6日目、今日はアアルト自邸&アトリエ。Aitah(アイタ:エストニア語/ありがとう)

c0069552_13214324.jpg
昨晩、エストニア首都Tallinn(タリン)から
ヘルシンキへ戻ってきました。
今は、5/3 朝8時過ぎ。
こちらへ来て6日の朝を迎えました。早いなぁ。


昨晩は、疲れてすぐ寝てしまい投稿できず。涙

1泊2日で行ったエストニア/タリンは
見所満載で楽しくて疲れます。w


ヘルシンキ発の観光オプションツアーなどで、
エストニア日帰りツアーとかがあるみたいですが、
個人的には1泊でも全然足りない感じで、
せめて2泊3日くらいいたかったところかな。w

さて、ヘルシンキでのホテルは、
初日から3日間滞在した「HOTEL HAVEN」に
再チェックインして帰国までのあと4日間を
こちらで過ごしながらヘルシンキを楽しむ予定。


同ホテル利用ということで、スタッフとも
顔なじみになれ、ホテルの使い勝手もわかり、
知らない街で安息の場所があるのは心強い。


昨晩のチェックイン時も「ただいまーーー」
「おかえりなさい」的で帰宅した感覚でホッ。

初めての街や国でも、心も体も手荷物も
ノーストレスになれてラクラク軽い気持ち。w


さて、エストニアへはフェリーで2時間半。
あっという間の1泊旅行だったけど、心に残る街。

建築かじり程度に興味があるようなわたしでも、
個性的な建築デザインに溢れ、血がさわぐ街でした。w
c0069552_13445041.jpg
c0069552_13451849.jpg
もちろんエストニアの見所は、
地球の歩き方に掲載されているような
旧市街ももちろんオススメスポットだけれど、
個人的オススメはだんぜん新市街の建築物。
c0069552_1346880.jpg
そこまでしなくてもいいだろーーー的な
日本じゃあり得ないようなファサードとか
建築デザインを見上げてばかりいたせいか・・・

翌朝、首が痛かった。w
c0069552_13543881.jpg

たぶんエストニアの街を撮影した半分以上は、
新市街の建物なのかもしれない。w


そして何より、ヘルシンキとの違いは物価が安いこと。

ヘルシンキの人たちが、フェリー往復5時間
利用してでもエストニアへアルコールだけを
買いにいくらしいと聞いていたけど、なるほど!!って感じ。

復路の船内でも大量の箱買いをして
ヘルシンキへ戻る人たちいっぱい乗ってたし。w


一番上の写真は、エストニア/タリンで滞在した
ラディソン ブル オリンピア。


さて、今日はヘルシンキに来た目的の一つ
「アアルト」建築に1日触れる日です。

アアルト自邸、アトリエ、また彼の作品の一つ
ヘルシンキ工科大学(アールト大学)へ行ってきます。

現地発ツアーを利用して個人手配済。
現地へ自力で移動です。汗


それでは、エストニアとはまったく違う
アアルトの世界へ行ってきまーーーす。



《 初日から6日目の朝まで メモ 》
● 日本を発ってから使ったキャッシュは、
20ユーロのみ(2万円分も両替したのに。汗)
 10ユーロ→ 2ユーロ(ピローチップ)×5泊分
 10ユーロ→ タリンシティバスツアー(当日参加)
クレジットカードがあれば生きていける。

コンビニ水1つでも、切符、市場でもクレカがあれば、
ヘルシンキもタリンも生きていける。
今は喜んでるけど、帰国後に違う意味で怖い。汗


● 会話:英語は観光地ならだいたい通じる。
主語+述語、英単語、ジェスチャー、
あと度胸(開き直り?)で私でも今のところ
トラブルなくこうして順調に旅を楽しんでる。w

● IT先進国だけあって、ネット環境が整っている。
ヘルシンキ、タリンの滞在ホテルした部屋は
無料wifiで便利。往復利用したフェリー
「ヴァイキングライン」船内もwifiフリーで快適。
by infinity-blog | 2011-05-03 14:08 | □ ヘルシンキ


(シゴト+アソビ)×2=インフィニティライフ


by infinity-blog

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
■ ナントナク
■ シーズンズ
■ エアライン
■ ヒトリゴト
□ 実績・作品
□ 仕事・現場
□ 建築・空間
□ 雑貨・家具
□ 展覧・行事
□ デザイン系
□ 心象・情景
□ 独創・視点
□ 工業的世界
□ 趣味・志向
□ 人物・交流
□ おしゃべり
□ 草花・四季
□ 日本・風景
□ 旅行・休日
□ 香港 2010
□ ホテル・宿
□ 美食・B食
□ 甘味・御茶
□ クッキング
● ごあいさつ
□ ヘルシンキ

検索

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧